フリーローン・カードローンおすすめ比較【カードローンの本審査ではどこをチェックされる?仮審査とは何がちがうの?】

カードローンの本審査ではどこをチェックされる?仮審査とは何がちがうの?

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > おすすめコラム

カードローンを契約するためには、申し込みを行ってから幾つかの審査を経て、それをパスすることが必要不可欠とされています。

多くのカードローンでは、簡易審査や仮審査と呼ばれる審査を経てから本審査に入ることが多く、簡易審査や仮審査は簡単な項目のチェックですし、具体的にどのような点が見られるのかがよくわかります。

一方で本審査では、どのような点が見られるのかがややわかりにくく、人によっては不安を感じてしまう人もいることでしょう。

カードローンの本審査や審査を通過するためのポイントなどについて、解説をします。

 

そもそもカードローンの仮審査って?!

説明する女性

 

カードローンの本審査のポイントについて解説を行うに先立って、まずはカードローンの仮審査について解説を行っていきます。

 

カードローンの仮審査は、事前審査や簡易審査などと呼ばれることもあり、大雑把に言ってしまうと、本審査前に行われる『篩掛け』のような性質を持つ審査である、と言っても言い過ぎではありません。

仮審査では、本審査よりも圧倒的に少ない審査項目で、借入可能かどうかの判断を下しており、商品によっては、審査項目が3項目以下・判定にかかる時間は数秒、というケースさえも見受けられます。

仮審査は機械的に行われている審査であるため、少ない項目かつ短時間で結果が導き出されている、という特徴があります。

もしも仮審査で審査落ちしてしまうようなことがあれば、それは他社のカードローンに申込をしたとしても、審査通過は非常に厳しいと考えられます。

仮審査で問われる項目は非常に少ないものの、本審査でも要点となる項目と考えられるので、しっかり抑えておくと良いでしょう。

 

カードローンの本審査ではどのようなことがチェックされるの?

じょせい

 

仮審査についての解説が済んだところで、いよいよ本審査でチェックされることについて、詳しくみていきましょう。

 

・収入について

年収がどのくらいあるのかということや、毎月どのくらいの収入があるのかということについての確認がされることとなります。

もちろん、年収が高額かつ毎月高額の月収があるほど、審査は通過しやすくなると考えられます。

 

特にノンバンク系カードローンに申込をする場合、年収がいくらなのかということは、審査のうえでも重要ですが、借入限度額を決める上でも重要な要素となります。

ノンバンク系カードローンは総量規制の対象ローンとなっているため、年収の3分の1を超える借入が法律によって不可とされているのです。

 

また各カードローン毎に一定額以上の利用限度額で申込みを行うと、収入証明書類の提出を求められることとなるので、書類の提出が面倒だという場合は、低めの利用限度額で申込みをすると良いでしょう。

 

・勤続年数について

現在の職場でどのくらいの勤続年数があるのか、ということについても、カードローン審査では重要なポイントとなります。

勤続年数が長ければ長いほど、審査の際には有利となり、逆に勤続期間が1ヶ月程度、という場合には審査の際には不利になってしまいます。

最低でも半年以上の勤続期間がないと、カードローン審査の際には大きなマイナス点となってしまうと考えられるので、勤続期間が半年に満たない場合には、まずは半年以上の勤務実績を積んでから申込みをすると良いでしょう。

 

・他社ローン利用歴

他社ローンの利用歴についても、しっかりチェックされています。

他社からの借入状況については、信用情報機関に問い合わせをすることで、金融機関は簡単に情報を得ることができるので、申請時に間違った申請をしないように気をつけましょう。

 

借入会社が一社のみで、利用残高が殆ど無く、延滞歴も全くない、という場合には、カードローンの利用経験が全く無い場合よりも、審査時のポイントは高くなります。

 

一方で、複数社から借り入れがあったり、他社ローンから多額の利用残高を残っていたり、他社ローンで延滞歴がある場合には、審査通貨は厳しくなってしまうということを心に留めておきましょう。

 

 

比較的申込みがしやすいおすすめのカードローンって?!

提案する女性

 

本審査におけるポイントについて解説が済んだところで、比較的申込みがしやすく、初めてカードローン申込みをするという人にもおすすめのカードローンについて紹介していきます。

 

・アコムのカードローン

アコムのカードローンは、20歳以上で安定した収入があれば、主婦(主夫)や学生でも申込みができますし、最短で申込みを行ったその日から借入ができるので、速やかにキャッシングをしたいと考える、カードローン初心者におすすめできる商品と言えます。

またアコム利用が初めての人が、返済パターンを「35日サイクル返済方式」と契約をすれば、契約日の翌日から30日間は金利ゼロでの借入ができるので、アコムの利用経験がない人には特におすすめです。

 

・三菱東京UFJ銀行のバンクイック

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、インターネットで申込みをした場合には、審査にかかる時間は最短で30分となっていますし、テレビ窓口から申込みを行った場合にはカード発行まで最短で40分となっているので、こちらも急いでカードローン契約をしたいという初心者におすすめできるカードローンといえます。

 

またバンクイックは、派遣社員やパート、アルバイトでも申込みができます。

 

 

まとめ

 

カードローンの本審査では、申込者の信用情報について専門機関へ照会がされますし、場合によっては収入証明書類等の提出を求めて入念な審査がされることとなります。

申請内容に錯誤や虚偽があった場合、金融機関には簡単にバレてしまいますし、その場合には金融機関の心証が悪くないので、カードローンの申込時には錯誤や虚偽が無いようにすることが大切になります。

また、仮審査は本格的な申込み前に、審査の際に重要となるポイントについて診断をしてもらえるので、この情報を有効に活用するようにしましょう。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス