フリーローン・カードローンおすすめ比較【転職直後でも契約しやすいカードローンとは?!代表商品などを徹底紹介!】

転職直後でも契約しやすいカードローンとは?!代表商品などを徹底紹介!

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > おすすめコラム

カードローン審査の際の重要なポイントと一つとなっているのが、現在の職場での在籍期間であり、転職を繰り返していたり、転職をした直後だったりと、現在の職場での在籍期間が極端に短い場合などには、カードローン審査は著しく不利になるというのは、業界の常識であると言っても過言ではありません。

しかしながら、転職直後というのは、新生活を安定させるためや、人付き合いなどのために何かとお金が必要になることが多く、カードローンが必要になることも多いと考えられます。 転職直後でも契約しやすいカードローンとは果たして存在するのでしょうか。

 

そもそも審査の際に在籍期間が重要視されるのは何故?

就活女性

 

まずは、カードローン審査の際に何故在籍期間が重要視されるのか、ということなどについて、解説を行っていきます。

 

カードローン商品の多くは、スコアリング審査という、審査にあたって幾つかの項目が設けられていて、各項目ごとに評価が点数化される形式で審査が行われています。

スコアリング審査の場合、審査項目の1つに「在籍期間」という項目が設けられているわけなのですが、在籍期間が重要視されるのは、勤続期間が長い=安定した収入がある=安心してお金を貸すことが出来る、と金融機関が考えるためです。

 

転職を繰り返していて、現在の職場での在籍期間が極端に短い場合、現在の仕事もすぐにやめてしまうのではないか、と金融機関は考えます。

カードローン申込者が、カードローン契約後に現在の仕事を辞めて無職になってしまった場合、金融機関側からすれば相当なリスクを背負うこととなるわけですから、勤続期間が長い=カードローン契約後に退職する可能性が低い、ということも考慮して、勤続期間の長さを重要視しているのです。

 

金融機関は、貸したお金に利子を付けて確実に返済してくれる人にお金を貸したいと考えています。

単純に言ってしまえば、勤続期間が長い人=金融機関の理想に近い人、と考えられるため、カードローン審査の際に勤続期間は重要視されるのです。

 

 

転職直後でも契約しやすいカードローンってあるの?

睨む女性

 

勤続期間がながければ長いほど、金融機関が希望する条件に近づくため、カードローン契約がしやすくなることについてはよくわかりましたが、勤続期間が短い人でも契約しやすいような商品設計のカードローンは存在するのでしょうか。

 

結論から先に申し上げますと、幾つかのカードローンでは多くの人が気軽に申し込みができるようにと、審査の際には在籍期間が不問とされています。

このようなカードローンに申込みを行えば、転職直後でも比較的契約がしやすいといえるでしょう。

 

具体的な名称を挙げて紹介をしますと、りそな銀行のクイックカードローン、トマト銀行のトマト・はなまるポケットカードローン300、遠賀信用金庫のカードローンデュアル、福岡信用金庫のカードローンアシストなどが在籍期間不問となっているので、転職直後でも契約がしやすいと考えられます。

これらのカードローン商品の特徴や申込時の注意点などについて、より詳しく解説を行っていきます。

 

りそな銀行クイックカードローンの詳細と申込時の注意点とは!?

 

りそな銀行クイックカードローンは、契約極度額が200万円まで、金利は年9.0%から年12.475%(2017年1月1日現在)という貸付条件となっています。

同カードローンは、審査にかかる時間が最短で2時間と、審査スピードに定評がある上に、年収・勤続年数ともに不問、さらには最も悪い条件下で契約した場合でも貸付金利が年12.475%とお得な借入が出来る点に絶対的なメリットがあります。

加えて、りそな銀行のキャッシュカードがそのままローンカードとして利用できたり、同カードローンを契約することで、りそな銀行の普通預金口座に自動融資機能を加える事ができるので、りそな銀行をメインバンクとして利用している人にも大きなメリットがある商品であると考えられます。

 

なお、りそな銀行クイックカードローンを契約するためには、同カードローンを契約するまでにりそな銀行の普通預金口座を開設することが必須条件とされています。

すでにりそな銀行の普通預金口座を持っている人であれば問題無いでしょうが、そうでない場合には、口座開設の手間と時間がかかってしまうという点に注意が必要となります。

 

 

トマト銀行トマト・はなまるポケットカードローン300の詳細と申込時の注意点とは?

 

トマト銀行のトマト・はなまるポケットカードローン300の契約極度額は300万円まで、金利は固定制金利で年9.0%から年14.5%(2017年1月1日現在)とされています。

 

トマト・はなまるポケットカードローン300は、勤続年数不問で申込が出来るだけでなく、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申込ができますし、年金受給者やパートやアルバイトでも申し込みが可能な銀行系カードローンとなっています。

また申し込みの上限年齢が満73歳以下まで申込可能とされているので、幅広い年齢層の人が便利に利用できるというメリットがある、使いやすいカードローン商品であると考えられます。

 

一方で、同カードローンを契約するためには、同行の普通預金口座の開設が必須となっていますし、トマト銀行は地方銀行であるため、同行の営業エリア内に住居しているか勤務していなければ契約ができないといった申込時の注意点もあります。

 

 

遠賀信用金庫カードローンデュアルの詳細と申込時の注意点とは?

 

遠賀信用金庫のカードローンデュアルは、契約極度額が300万円まで、金利は年7.8%から年11.8%(2017年1月1日現在)という貸付条件となっています。

銀行系カードローンということで、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込みができますし、パートやアルバイトでも申し込みが可能となっています。

また上限金利が年11.8%となっているので、同カードローンを契約できれば多くの人がお得な条件で借り入れができるというメリットがあるのが、同カードローンの良い所だといえるでしょう。

 

なお同カードローンは信用金庫のカードローンということで、トマト・はなまるポケットカードローン300と同様に、同金庫の営業エリア内に暮らしているか勤務していなければ契約申し込みができないという注意点があります。

また同カードローンは安定した収入があれば勤続期間不問とされていますが、利用限度額が100万円を超える契約は、原則勤続期間が3年以上ないと不可となっている点に注意が必要となります。

 

 

福岡信用金庫カードローンアシストの詳細と申込時の注意点とは?

 

福岡信用金庫のカードローンアシストは、契約極度額が300万円まで、金利は年14.6%(2017年1月1日現在)という貸付条件となっています。

 

同カードローンは、個人が生活資金を借り入れるために利用することはもちろん、農業経営者や個人事業主の方などが事業性資金を調達するためにも利用することが出来るという点に大きな特徴があります。

もちろん、勤続年数・営業年数は不問とされているので、個人で事業を営んでいる人には特におすすめしたい商品だといえるのです。

なお、同カードローンについても信用金庫の商品ということで、同金庫の営業エリア内に住んでいるか勤務していなければ申し込みは不可となっている点に注意が必要となります。

 

 

まとめ

 

金融機関は、借りたお金を確実に返してくれる可能性が高い人とカードローン契約をしたいと考えており、現在の職場での勤続期間が長い人ほど、優良申込者として審査が通過しやすくなると考えられます。

一方で、一部のカードローンでは、利用者の都合を優先的に考え、勤続期間については不問として契約できる商品もあるので、転職直後等で現在の職場での勤続期間が短い場合には、勤続期間不問のカードローンに申し込みをするのがおすすめです。

 

なお原則勤続期間が不問とされているカードローン商品であっても、申込時の利用限度額が一定額以上となる場合などには勤続期間が問われることもあるので、本申し込みを行う前には、しっかり申し込み要件や契約条件を確認することが大切だと考えられるでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス