フリーローン・カードローンおすすめ比較【複数のカードローンをまとめることの利点とは?どんな商品にまとめると良い?】

複数のカードローンをまとめることの利点とは?どんな商品にまとめると良い?

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > おすすめコラム

複数の会社とカードローン契約を行い、状況に応じて様々なカードローンを使い分けるというのは、今日では決して珍しいことではありませんし、適切な使い分けができれば、そこから多くのメリットが生まれるとも考えられます。

しかし、複数のカードローンを利用している場合には、それをまとめることで、より多くのメリットが生まれると考えられます。

複数のカードローンをまとめることによって生まれる、具体的なメリットや、カードローンをまとめる際の注意点などについて、解説を行っていきます。

 

カードローンをまとめることで得られるメリットとは?!

髪をみる女性

 

まずは、カードローンをまとめると、どのような利点が得られるのか等について、解説を行っていきます。

 

・返済管理が楽になる

カードローンは各商品ごとに約定返済日や約定返済金額などが異なっているケースが多く、複数のカードローンを契約していると、場合によっては一ヶ月のうちに何度も返済をしなければならなくなります。

約定返済金額と約定返済日を間違えて管理してしまうと大変なことになりますし、各商品ごとの利用残高の管理も非常に面倒だと考えられます。

 

カードローンを一つにまとめれば、毎月の約定返済を一回に減らすことができますし、うっかり入金忘れや、返済延滞のリスクを大幅に減らすことが可能となります。

また利用残高や支払利息、完済までのスケジュールも圧倒的に管理しやすくなると考えらるので、返済管理にかかる手間を減らしたいという人には、ぜひおすすめします。

 

・より良い条件で契約できる可能性がある

特に消費者金融などのカードローンを実質年率18.0%という条件で契約している人であれば、他社への借り換えやおまとめで、支払利息を節約できる可能性が高いと考えられます。

カードローンをまとめる場合、一つ一つのカードローンの利用残高をまとめることになるわけですから、自ずと比較的高めの利用限度額で契約をすることになります。

カードローンは高い利用限度額で契約したほうが、低い利用限度額で契約した場合よりも、適用される実質年率が低くなるというケースが多いので、カードローンを一本化し、より高い利用限度額で契約できれば、より低い金利での借入金運用が可能となるのです。

また通常のカードローン商品ではなく、おまとめ専用ローンや借換え専用ローンといった専用ローンを利用することで、支払利息が節約できる可能性はより高まると考えられるのです。

 

カードローンをまとめる際に注意すべきこととは?!

考える男性

 

次に、カードローンを1つにまとめる際に気をつけるべきことなどについて、解説を行っていきます。

 

・総量規制に注意!

ノンバンク系の一般的なカードローンへと、カードローンの一本化を考えている人は、総量規制に気をつける必要があります。

総量規制とは、年収の3分の1を超える借入を制限するという法律であり、年収が300万円の人の場合はノンバンク系カードローンの借入限度額が最高で100万円まで定められています。

借り換えやおまとめ等によって、各カードローンをまとめた際に、利用残高の総額が年収の3分の1を超える場合には、カードローンの一本化が不可となってしまうので、その場合は利用残高を減らしてから一本化するか、総量規制対象外のカードローンへ一本化することで問題は解決します。

銀行系カードローンやノンバンク系のカードローンでも『貸金業法に基づくおまとめ専用ローン・借換え専用ローン』であれば総量規制による制限を受けないので、総量規制が気になるという人はこれらのカードローンを選ぶと良いでしょう。

 

・返済方式や返済期間に注意!

カードローンの一本化によって、支払利息を節約したいと考えている人は、特に注意が必要となります。

カードローンは商品ごとに返済方式や完済までにかかる期間が異なっていて、支払利息を抑えたいと考えるのであれば、実質年率に劣らないくらいに、これらの要素も重要となります。

仮に実質年率が比較的低めに設定されているカードローン商品であっても、毎月の約定返済額が低めに設定されていて、少額の借入金でも長いスパンで返済するような性質の商品であれば、完済までの総支払額が巨額になってしまう恐れがあるのです。

各カードローンの公式サイトでは、返済シミュレーションができることが多くなっているので、本申込み前には必ずし返済シミュレーションを実施することをおすすめします。

 

一本化におすすめのカードローン商品とは?

腕を組む人

 

次に、一本化先の商品としておすすめしたいカードローン商品について、紹介を行っていきます。

 

・楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、銀行系カードローンなので総量規制の心配をする必要がありませんし、借りたお金の使いみちは原則自由なので、もちろんおまとめローンとしての利用も可能となっています。

最大利用限度額は800万円までと、ゆとりのある商品設計となっていますし、2016年12月20日時点で実質年率も1.9%から14.5%と業界屈指の低金利なので、楽天銀行スーパーローンへ一本化することで、高確率で支払利息を節約することができます。

また楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行への振込キャッシングであれば、24時間365日受付をしていますし、申込完了後は即時口座へお金を振り込んでもらうことが出来る、という強みもあります。

 

・じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローンも楽天銀行スーパーローンと同様に、銀行系カードローンなので、総量規制を気にせず利用できるというメリットがあります。

じぶん銀行カードローンはau IDを持っているauユーザーなどが優遇金利で利用できるカードローンとして有名ですが、通常コースの利用であれば、引き下げられる金利が年0.1%なのに対し、借換えローンとして利用するのであれば、さらに優遇され、引き下げられる金利が年0.5%となるのです。

すでにau IDを保持しており、他社カードローンへの借り換えを考えている人に、特に優位性がある商品だといえるでしょう。

 

まとめ

 

複数契約しているカードローンをまとめることで享受できるメリットは数多くありますし、契約しているローンの数を減らすことは、心理的な負担の軽減にも繋がると考えられます。

もしも現在複数のカードローン契約をしていて、それに対して負担を感じているのであれば、カードローンの一本化を検討することを強くおすすめします。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス