フリーローン・カードローンおすすめ比較【消費者金融のカードローンのメリットとデメリットって?どんな商品がお薦めなの?】

消費者金融のカードローンのメリットとデメリットって?どんな商品がお薦めなの?

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > おすすめコラム

カードローンという言葉を聞くと、消費者金融会社のキャッシングサービスを連想する人は多くいるでしょうが、日本には多数の消費者金融会社があり、各社はそれぞれ魅力的なカードローンサービスを提供しているという実情があります。

消費者金融会社の他には銀行やクレジットカード会社などもカードローンの取り扱いを行っていますが、消費者金融会社が取り扱っているカードローンには具体的にはどのような魅力があるのでしょうか。

消費者金融会社のカードローンのメリットやデメリット、おすすめの商品などについて紹介していきます。

 

消費者金融会社のカードローンのメリットって?

マッサージ

 

まずは消費者金融が取り扱うカードローン商品のメリットについて解説を行っていきます。

 

・申込がしやすい

消費者金融のカードローンは、銀行系カードローン等と比較すると、申込要件がゆるくなっているケースが多く、また申込方法も多彩に用意されているため、申込がしやすい、といったメリットがああります。

継続的・安定的な収入があれば、アルバイトやパートでも申込可能となっているケースが殆んどですし、年齢要件も満20歳以上69歳以下となっているケースが多くなっています。

また大手消費者金融の無人契約機は土日祝でも夜遅くまで利用可能となっていることが多いですし、ウェブ申込みなら24時間365日申込可能となっています。

 

・審査スピードが早い

全般的に審査スピードが早いという点も消費者金融系カードローンの大きな特徴の一つと言えます。

ウェブ申込みをした場合には、来店不要かつ最短即日キャッシングができるというケースは多々見られますし、無人契約機から申込みをした場合も、その場で審査からカード発行までが行われ、最短即日キャッシングが可能となっています。

クレジットカードが取り扱うカードローンの場合は、最短即日キャッシングに対応している商品は殆ど見られませんし、銀行系カードローンの場合は即日キャッシングをするための前提条件として、予め普通預金口座を開設していなければならない、とされているケースが多くなっています。

一方で、消費者金融のカードローンなら、殆どが最短即日キャッシングに対応していますし、口座開設も不要とされているのです。

 

・無利息期間がある

大手消費者金融のカードローンは、初めての利用者に対して、一定期間無利息でキャッシングが可能となっているケースが多くなっています。

大手消費者金融の最もスタンダードなキャッシング商品が無利息キャッシングの対象商品となっており、各社のサービスを初めて利用する人が、一定の条件を満たして契約することで、30日間無利息キャッシングが可能となる、という内容が一般的になっています。

無利息キャッシングサービスを上手に使うことができれば、どのカードローン・キャッシングサービスよりもお得にキャッシングができるという大きなメリットがあるのです。

 

消費者金融会社のカードローンのデメリットって?

鏡を見る人

 

続いて消費者金融系カードローンのデメリットについて、解説を行っていきます。

 

・上限金利が高め

消費者金融系のカードローンは、銀行系カードローンと比較すると、上限金利が高めに設定されている傾向にあります。

2016年12月23日時点で、メガバンクや大手ネット銀行のカードローンの上限金利は14.5%前後が相場となっている一方で、大手消費者金融のカードローンの上限金利の相場は18.0%前後となっているのです。

少額の借入や短期間の借入であれば、上限金利いっぱいで契約した場合でも、支払う利息にそれほどの差は生まれませんが、まとまったお金を長期間借りる場合には、支払う利息に大きな差がつく恐れがあるので注意が必要となります。

 

・総量規制の対象となっている

消費者金融系のカードローンは、総量規制の対象となっており、年収によって借入可能な金額に制限が加わるので、まとまったお金を借り入れたいと考えている場合には注意が必要です。

具体的には、年収の3分の1を超える借入が不可となっていて、年収が240万円の人であれば、借入限度額はカードローン商品ごとに設定されている契約極度額とは無関係に80万円までに制限されます。

なお、個人事業主向けのカードローンや貸金業法に基づく借り換えローン等の書品の場合は、消費者金融が取り扱うカードローンの中でも例外的に総量規制対象外となっています。

 

おすすめの消費者金融会社のカードローンって?

食事中

 

次は、具体的な商品名を挙げつつ、おすすめのカードローン商品について紹介をしていきます。

 

・プロミスのキャッシングローン

プロミスのキャッシングローンは、申込から契約まですべてインターネットで済ますことができ、尚且つ自宅に一切の郵送物が届かない、Web完結での契約が可能となっているので、家族に知られずにカードローン契約をしたいという人にお勧めできます。

また消費者金融系カードローンの殆どにおいて、上限金利が年18.0%となっている中で、プロミスのキャッシングローンは上限金利が年17.8%(2016年12月23日現在)となっているので、他社よりもお得な借り入れが可能となっています。

 

・アイフルのSuLaLi

アイフルのSuLaLiは女性専用のカードローン商品であり、完全オリジナルの商品設計となっています。

おしゃれなデザインの専用ローンカードが発行されますし、来店不要・収入証明書類の提出無しで契約できることに加えて、女性オペレーターが応対してくれる、専用のフリーコールも完備されているので、カードローン契約が初めての女性でも安心して申込みができるでしょう。

 

・モビットのカードローン

モビットのカードローンは、Web完結で申込みをすることで、職場への在籍確認の電話を省いてのカードローン契約ができるという、絶対的なメリットがあります。

職場に電話がかかってくるのは困るという場合は、絶対に誰にも知られずにカードローン契約をしたいと考えている人には、ぜひ利用をおすすめします。

 

まとめ

 

消費者金融が取り扱うカードローン商品は、申込みやすく、審査スピードが早いという共通のメリットがありますし、各社によってそれぞれ魅力的な独自サービスも用意されています。

使い方次第では、銀行系カードローンよりも便利かつお得に利用ができますし、日常生活を向上させてくれる便利なツールにも成り得るので、うまく使いこなしたいですね。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス