フリーローン・カードローンおすすめ比較【住信SBIネット銀行カードローンの申込みから審査・金利・注意点を比較!】

住信SBIネット銀行カードローンの申込みから審査・金利・注意点を比較!

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > カードローンの特徴

住信SBIネット銀行カードローンはこんな方におすすめ

■低金利のカードローンを探している方

住信SBIネット銀行カードローンの金利は、年0.99%~14.79%(2017年5月19日時点)という圧倒的な低金利です。

消費者金融はもちろんのこと、他の銀行カードローンを見ても、このような低金利はなかなかありません。

■インターネットを使いこなせる方

住信SBIネット銀行カードローンはネット銀行のカードローンのため、実際に店舗に足を運んで申し込むことができません。

電話や郵送で申し込むこともできず、申込はインターネットのみとなります。

書類提出などもすべてインターネットを使う必要がありますが、その分スピーディーな申込ができます。


ネット申込みは難しくない!手順をチェック!

■申込方法はインターネットのみ

他の銀行カードローンですと、来店不要が大きなメリットになりますが、住信SBIネット銀行はそれが当たり前です。

と言うか、住信SBIネット銀行はネット専業銀行のため、店舗を持っておらず、来店は物理的に不可能なのです。

来店による申し込みができない住信SBIネット銀行は、消費者金融ならば設置してある自動契約機ももちろん設置していません。

そればかりでなく、銀行カードローンならば普通に行なわれている電話や郵送による申し込みも、住信SBIネット銀行では行えません。

住信SBIネット銀行カードローンは、パソコンやスマートフォンなど、インターネットからのみです。


■住信SBIネット銀行カードローンの申し込みの流れ

住信SBIネット銀行カードローンの申し込みの流れは、以下のようになっています。

矢印

矢印

矢印

矢印


必要な書類は事前に準備!何が必要?

[本人確認書類]

住信SBIネット銀行カードローンに申し込む際には、本人確認書類を忘れないようにしましょう。

具体的には、健康保険証や運転免許証、パスポートのような書類が必要とされています。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合には、現住所が記載された公共料金の領収書なども必要となります。


[収入証明書類]

本人確認書類以外に収入を証明する書類が必要です。

サラリーマンの方であれば源泉徴収票、自営業者や個人事業主の方であれば確定申告書があるといいでしょう。


収入証明書類は、スマートフォンからのアップロードでも提出できますが、郵送での提出も可能です。


■住信SBIネット銀行カードローン申込の際の注意点

[すぐに審査結果が出ない場合も]

住信SBIネット銀行カードローンのホームページを見ますと、仮審査の結果は最初の申込から最短で60分以内に来る、とありますが、実際のところは数時間はかかる場合があります。

銀行営業日の17時までに申し込めば、数時間で仮審査の結果連絡が来ますが、それ以外の時間帯、あるいは混雑状況によってはすぐに審査結果が出ない場合もありますので時間には余裕をもって申し込むと安心です。


住信SBIネット銀行カードローンの審査の特徴

■審査はダブル体制

消費者金融の審査であれば、消費者金融そのものが審査を行ないます。

一般的な銀行カードローンの場合は、保証会社が審査を行ないます。

一方で、住信SBIネット銀行カードローンの審査は、住信SBIネット銀行と保証会社のダブル体制で行われます。

主に仮審査を担当するのが保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)、本審査を担当するのが住信SBIネット銀行です。


■電話による在籍確認がある

本審査の際には、必ず電話による在籍確認の電話があります。

ネット専業銀行の住信SBIネット銀行ですが、在籍確認の審査は必ず電話で行われます。

仮に本人が電話口に出られなくても、在籍確認の審査は完了しますので安心してください。


■審査時間は長め

消費者金融の中には、「申し込みから融資まで最短60分で完了」などと銘打っているところもありますが、住信SBIネット銀行は「最短60分で仮審査完了」となります。
そこから本審査へとうつるためカードローンの中では審査時間が長い方だといえます。

保証会社による仮審査では、消費者金融並のスピード審査が行われるのですが、本審査は銀行ならではのじっくりとした精査が行なわれます。

よって、申し込みから融資までは早くても数日かかるのが一般的です。


借入方法は2種類!手数料が必要かチェック!

住信SBIネット銀行カードローンの借入方法には、大きく分けて2種類の借入方法があります。


■提携ATMで借入

ネット専業銀行である住信SBIネット銀行カードローンは、店舗だけではなく自社ATMも保有していません。

よって、住信SBIネット銀行カードローンのローンカードを使って現金を借りたいのであれば、提携ATMを利用するほかありません。

利用可能なATM
イオン銀行
セブン銀行
イーネット(ファミリーマートなど)
ローソンATM

ATMによっては24時間対応していないところもあります。


カードローンを無駄なく利用するには返済方法がポイント


■約定返済

住信SBIネット銀行カードローンの返済は、「約定返済」と「随時返済」の2つの返済方法が用意されています。

約定返済とは、毎月決まった返済のことで、住信SBIネット銀行カードローンの場合には「毎月5日」(5日が休業日の場合には翌営業日)が約定返済日となっております。


[口座引き落とし]

約定返済は、基本的に口座引き落としによって行われます。

返済日までには、返済金額を代表口座の円普通口座に入金しておかなければなりません。

住信SBIネット銀行には、円普通預金口座以外に外貨口座もありますが、間違えないようにしましょう。


[ATMからの約定返済]

提携ATMから約定返済を行なうこともできますが、その際にはATM操作に注意が必要です。

画面には「預け入れ」「カードローン」ボタンがありますが、約定返済は「預け入れ」ボタンを押してください。

その後、円普通預金口座にお金を入金する形をとります。


■毎月の約定返済額

毎月の約定返済額は、残高に応じて以下のように定められています。

残高 返済額/月
残高2000円以下 前月末時点の貸越残高返済
残高2000円超10万円以下 2000円返済
残高10万円超20万円以下 4000円返済
残高20万円超40万円以下 6000円返済
残高40万円超60万円以下 8000円返済
残高60万円超80万円以下 11000円返済
残高80万円超100万円以下 15000円返済
残高100万円超150万円以下 20000円返済
残高150万円超300万円以下 25000円返済
残高300万円超400万円以下 30000円返済
残高400万円超500万円以下 40000円返済
残高500万円超600万円以下 50000円返済
残高600万円超700万円以下 60000円返済
残高700万円超800万円以下 70000円返済
残高800万円超900万円以下 75000円返済
残高900万円超 80000円返済

■随時返済

毎月の約定返済とは別に、お金に余裕のある時には「随時返済」を行なうことも可能です。

提携ATMのほか、インターネットから随時返済も可能となっております。

提携ATMを利用する際には、画面のボタンに注意しましょう。

「預け入れ」ではなく「カードローン」ボタンを押すことで、随時返済が可能となります。

随時返済の返済分は、全て元金返済に充てられます。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス