フリーローン・カードローンおすすめ比較【九州・沖縄だけで利用できるフリーローンを特集!信金・労金に注目です!】

九州・沖縄だけで利用できるフリーローンを特集!信金・労金に注目です!

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > おすすめコラム

担保や保証人が無くても利用できるのがフリーローンの魅力です。

非常に便利なサービスですが、その種類は金融機関によって様々で、

全てを把握するのは難しいものです。

 

そこで今回は、「その地域だけで利用出来るフリーローン」に絞って、ご紹介をしようと思います。

その地域の方しか利用出来ない、お得なサービスがたくさんあります!

 

地域限定のフリーローンを扱っている金融機関とは?

 

フリーローンの商品自体は、みずほ銀行やりそな銀行の様な都市銀行はもちろん、各地の地銀やJA・信金や労金など、多くの金融機関で取り扱いをしています。

 

しかしながら「地域限定」という括りであるならば、「信用金庫」と「労働金庫」がそれにあたるフリーローン商品を扱っている金融機関となります。

 

地域限定のフリーローンとは、フリーローン契約条件に、その地域での「定住実績」または「勤務実績」が必要な商品サービスのことです。

 

つまり、契約元の金融機関の営業区域内に一定期間以上住んでいるか、

営業区域内にある企業に勤めている、

もしくは開業している人しか利用出来ない商品のことを指します。

 

信金や労金のフリーローンには、この「地域限定」の条件が付いているのが基本です。

「営業区域内に関わりが無いと利用できない」という部分は、やや柔軟性に欠けますが、

その代わり、そこに住む方にとって嬉しい、おトクなフリーローンサービスとなっています。

 

その中から今回は九州・沖縄限定で、利用出来るフリーローンを特集します!

 

地元密着型!九州・沖縄限定のフリーローン~信用金庫編~

九州・沖縄の海のイメージ

九州・沖縄にある信用金庫は、以下の通りです。

佐賀…唐津・佐賀・伊万里・九州ひぜんの4機関。

福岡…福岡・福岡ひびき・大牟田柳川・筑後・飯塚・田川・大川・遠賀の8機関。

長崎…たちばなの1機関。

熊本…熊本・熊本第一・熊本中央・天草の4機関。

大分…大分・大分みらい・日田の3機関。

宮崎…宮崎・都城・延岡・高鍋・南郷の5機関。

鹿児島…鹿児島・鹿児島相互・奄美大島の3機関。

沖縄…コザの1機関。

となります。これらの信用金庫からいくつかピックアップして、おすすめのフリーローンをご紹介しましょう。

 

フリーローン商品名

提供金融機関名

融資金額・期間

金利

はやわざ

福岡信用金庫

最大500万円

・6ヶ月~10年

固定金利

4.5%~14.5%

フリーローン絆300

都城信用金庫

最大300万円

・6ヶ月~7年

9%~14.5%

(4段階)

スーパーフリーローン

「クローザー」

唐津信用金庫

最大500万円

・6ヶ月~10年

3.8%~13.5%

(4段階)

コザしん楽々ローン

コザ信用金庫

最大500万円

・6ヶ月~15年

6.9%~14.0%

(4段階)

 

◎はやわざ

この商品の最大の魅力は、使用用途が「事業性資金」にも拡大されているところでしょう。

この福岡信用金庫を含め、信用金庫では事業性資金に利用出来るフリーローンが多数存在します。

その中でこの「はやわざ」は、他に比べて最低金利が低く設定されているのが特長です。

 

◎フリーローン絆300

都城信用金庫で扱っている商品で、「はやわざ」と同じく事業性資金にも利用できるのが強みです。最低金利のみを挙げて見ると「はやわざ」に劣るように感じるかもしれませんが、実際のところ、最低金利が適用される人は多くないので、これが基準値と言える数値かと思います。

 

◎スーパーフリーローン「クローザー」

最低金利の低さが売りの商品です。

3.8%の審査に通らなくても、他の基本フリーローンよりも低い利率で借りられる可能性が高いのが、最大の魅力でしょう。

「金利で選ぶならコレ!」とオススメしたいフリーローンです。

 

◎ユザしん楽々ローン

事業性資金OKな上、返済期間が15年と、事業者・個人問わず全てのユーザーがより少ない負担で、安心して契約できるプランになっています。

全国的に見てもこの点はトップクラスです。

 

 

働く人に心強い!九州・沖縄限定のフリーローン~労働金庫編~

「働く人」のイメージ

フリーローン商品名

提供金融機関名

最大融資額・期間

金利

通常フリーローン

九州ろうきん

最大1000万円

・10年以内

固定5.5%

変動3.20%

 ~4.80%   

別途保証金

0.7%~3.0%要

フリーローンプラス

九州ろうきん

最大500万円

・10年以内

固定5.50%

変動4.80%

又は5.50%

別途保証金

2%~7%要

フリーローン(自由資金)

九州ろうきん

最大500万円

・10年以内

金利は通常フリーローンと同じ

別途保証金

3.0%要

無担保フリーローン

沖縄ろうきん

最大500万円

・10年以内

固定9.2%

変動8.6%

別途保証金

0.7%~1.2%要

ニューかりびあん

沖縄ろうきん

最大200万円

・5年以内(60回)

固定金利5.2%

別途保証金

4.0%~7.5%要

 

表を見て分かる通り、労働金庫のフリーローン商品は、他の金融機関と比べて金利が低く設定されているのが魅力です。

別途、保証金は掛かりますが、それでも安いですよね。

 

また、この中で特徴的なものが、沖縄ろうきんの「ニューかりびあん」です。

返済が月区切りではなく、「12回」などの回数区切りになっているのがユニークですね。

自分が何回お金を払えば返済が完了するのかが判りやすいので、借入時の返済計画が立てやすいのが嬉しいところです。

 

このように信用金庫や労働金庫でフリーローンの契約を行う場合、

その営業区域内における一定期間の定住または勤務実績と、ある程度の収入基準を満たす必要があります。

 

しかしそれさえ満たせば非常にお得で安心出来るサービスが受けられます。

まさに「市民の味方」と言ったところでしょう。

 

もちろん、都市銀行や地銀・JAといった他の金融機関にも、魅力的なサービスはたくさんありますが、

その地域住民にしか利用できない商品サービスを扱っている信金や労金を、選択肢の一つとして検討してみることを強くお勧めします。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス