フリーローン・カードローンおすすめ比較【モビットの申込みから審査・借入までを総まとめ!デメリットもチェック!】

モビットの申込みから審査・借入までを総まとめ!デメリットもチェック!

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > カードローンの特徴

モビットは急いでいる方におすすめ


■インターネットとメール以外はNGの方

電話がかかってくると困る、家に郵便物が来ると困る、かといって店舗や自動契約機に足を運ぶ時間的余裕がなく、ばれる可能性もあるのでできれば避けたい、そう考えている人はモビットの「WEB完結」を利用するといいでしょう。

WEB完結を利用すれば、申し込みから契約まですべての手続きをホームページ上で完了させられます。

また、通常のカードローンでは審査の途中に在籍確認の電話が職場にかかってきますが、WEB完結ならば電話も一切かかってきません。

審査の合否の連絡も、電話や郵送ではなくメールで送られてきますので、ばれる心配がありません。

ローンカードも自宅には届かないのですが、ホームページ上から借入手続きを行うこともできます。


モビットの申込~カード発行の流れについて

モビットでは、多くの申込方法を用意しています。

以下に、申込方法別の申込からカード発行までの流れについて説明します。

インターネットの場合

矢印

矢印

矢印

矢印


郵便の場合

1.三井住友銀行、ローン申込機、コールセンターなどで申込書を受け取る


2.必要事項を記入の上郵送で申し込む


3.電話で審査結果の連絡がある


4.確認して入会手続きを行なう


5.カードが発行される(郵送かローン申込機発行のいずれかを選択)


6.モビットから必要書類が送付されるので、必要事項を記入の上返送する




電話の場合

1.フリーコールに電話をして口頭で申し込みをする


2.電話で審査結果の連絡がある


3.確認して入会手続きを行なう


4.カードが発行される(ローン申込機発行か郵送かのいずれかを選択)


5.モビットから必要書類が送付されるので、必要事項を記入の上返送する




ローン申込機の場合

ローン申込機からタッチパネルで申し込みをする


その場でカードが発行される


電話で審査結果の連絡がある


確認して入会手続きを行なう


モビットから必要書類が送付されるので、必要事項を記入の上返送する


モビットの申込時に必要となる書類は?

モビットでは、全ての申し込みに関して、本人確認書類を送付していただきます。

入会手続きの後、モビットから契約書が送付されてきますので、契約書に本人確認書類を同封します。

有効な本人確認書類

モビットでは、基本的には「運転免許証」の写しを提出します。

記載事項に変更がある場合には、表面だけでなく裏面のコピーも提出してください。

運転免許証をお持ちでない方は、「健康保険証」「パスポート」のいずれかのコピーを提出してください。

ちなみに、健康保険証は本人の氏名、住所、生年月日が記載されているページをコピーし、カード型については裏面のコピーも必要です。

パスポートは、顔写真及び住所のページのコピーが必要となります。

収入を証明する書類

他の消費者金融などでは、以下の条件に該当すると収入証明書類を求めることが多いです。

  • 自社で50万円以上借りる場合
  • 他社も含めて100万円以上借りる場合

一方モビットでは、収入証明書類の要不要については、申し込み後に伝えられます。

有効な書類は以下のようになっていますので、あらかじめ用意しておくと手続きがスムーズに進むでしょう。

源泉徴収票の写し
税額通知書の写し
所得証明書の写し
確定申告書の写し
給与明細書の写し

給与明細書以外は、最新のものを用意しましょう。

給与明細については、最近の給与明細を2か月分用意してください。

ボーナスを支給されている方は、給与明細に加えて年間の賞与額が確認できる賞与明細の提出も必要となります。

個人事業主の方は、「営業状況確認のお願い」を提出しなければならないかもしれません。

用紙はホームページよりダウンロードできます。

マイナンバーが記載されている部分については見えないように加工した上で提出するようにしましょう。


便利な申込みWEB完結!

モビットのメリットの一つに、「WEB完結申込み」があります。

郵送物も来店の手間も、電話も一切なく、インターネットとメールだけで申し込み~借り入れができてしまう方法です。

具体的な流れは、以下のようになっています。

便利な手続きだけに、利用するためには以下の条件を満たさなければなりません。

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を保有している
  • 本人確認書類(運転免許証もしくはパスポート)、収入証明書類の写し、健康保険証及び給与明細書の写しを提出できる

モビットの審査の嬉しい特徴とは?

モビットには、利用者のニーズに応えるべく、審査においても様々な工夫が凝らされています。

■お借り入れ診断

まずは「お借り入れ診断」です。

  • 生年月日
  • 税込み年収
  • 他社借入金額

以上の3項目を入力、あるいは選択した上で、「診断する」ボタンをクリックしてください。

「ご融資可能と思われます」「申し訳ございませんが入力いただいた情報では判断できませんでした」のいずれかの結果が表示されます。

「申し訳ございませんが入力いただいた情報では判断できませんでした」に関しては、実際に申し込まないと分からないため、なかなか難しいところです。


■審査結果の照会もできる

審査結果が出るまでは、非常にやきもきした気分になって落ち着きません。

「審査結果の連絡の電話をとれないかもしれない」などと不安に感じるかもしれません。

そんなとき、モビットの「審査結果照会」が便利です。

ユーザーIDとインターネットパスワードを入力するだけで、審査の進行状況、審査結果、入会手続き完了までの状況が確認できます。


モビットの借入方法は2通り

モビットの借入方法としては、「ATM」「振込キャッシング」の2通りの方法があります。

■ATMから借入の場合

モビットは自社ATMを持っておりませんが、その代わりに数多くの提携ATMを有しており、その台数は合計で約13万台にも及びます。

提携ATMは、以下のようになっています。

提携ATM
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
第三銀行
福岡銀行
親和銀行
熊本銀行
セブン銀行
イーネット
ローソンATM
プロミスATM
セゾンATM
信用金庫
ビューアルッテ など

コンビニに多く設置されているセブン銀行、他社ながら設置台数も多いプロミスやセゾンのATMが利用できるのはかなりユニークです。

ちなみに、三井住友銀行ATMは借り入れの際の利用手数料が一切かかりません。


モビットの返済方法は3通り・どれを使う?

モビットの返済方法は、「提携ATM」「口座振替」「振込」の3通りの返済方法があります。

提携ATM

モビットには自社ATMがありませんが、全国約13万台に及ぶ提携ATMがあり、そこから返済をすることが可能です。

返済可能なATMは、以下のようになっています。

提携ATM
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
北洋銀行
みちのく銀行
常陽銀行
足利銀行
横浜銀行
千葉銀行
大垣共立銀行
京都銀行
トマト銀行
第三銀行
親和銀行
熊本銀行
セブン銀行
イーネット
ローソンATM
プロミスATM
セゾンATM など
福岡銀行

三井住友銀行ATM以外の提携ATMは、返済の際に手数料がかかります。

提携ATMではありませんが、ファミリーマートに設置されている「ファミポート」、ローソンやミニストップに設置されている「ロッピー」と言ったマルチメディア端末からも返済が可能です。

借入はできず返済のみの対応となり、端末で手続き後にレジで現金の支払いをしてください。



口座振替による返済

口座振替とは、簡単にいうと自動引き落としのことです。

毎回決まった返済日になりますと、銀行口座から返済金額が自動的に引き落とされます。

入金では返済を忘れがちな人に、非常に便利な機能です。

ただし、口座振替を利用するためには、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている方でないといけません。



振込による返済

三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていない方は、振込による返済を利用するといいでしょう。

現在利用している金融機関の口座から、モビットが指定する金融機関の預金口座へ振り込むことによって、返済をすることができます。

振込方法は、ATMでも銀行窓口でも構いません。


モビットの返済日と返済額

モビットの返済額

モビットの返済額は、借入残高に応じて以下のように変わってきます。

借入残高 返済額/月
残高10万円以下 4000円返済
残高10万円超20万円以下 8000円返済
残高20万円超30万円以下 11000円返済
残高30万円超40万円以下 11000円返済
残高40万円超50万円以下 13000円返済
残高50万円超60万円以下 16000円返済
残高60万円超70万円以下 18000円返済
残高70万円超80万円以下 21000円返済
残高80万円超90万円以下 24000円返済
残高90万円超100万円以下 26000円返済
残高100万円超 借入残高20万円増ごとに返済額が4000円追加





同じカテゴリーの最新の記事



プロミス