フリーローン・カードローンおすすめ比較【プロミスは無利息期間だけじゃない!申込み前に抑えておきたいポイントまとめ】

プロミスは無利息期間だけじゃない!申込み前に抑えておきたいポイントまとめ

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > カードローンの特徴

プロミスはの利用がおすすめな方

■できるだけばれたくない人

プロミスは、プロミスを利用していることがばれないよう、細心の注意を払っています。

WEB完結サービスを行なっており、このサービスを利用すればローンカードが送られてくることもなく、その他の郵便物も送られることがありません。

WEB完結サービスを利用しなくても、基本的な手続きはインターネットやメール、電話で行うことができますので、ばれる可能性も少ないです。

さらに、プロミスは比較的在籍確認を柔軟に対応してくれることでも有名です。

100%の保証はありませんが、電話以外の方法で在籍確認をしてくれる可能性はあります。


プロミスの申込方法をチェック!

■プロミスの申込方法とその流れについて

プロミスは、利用者の多様なニーズに応えるべく、バリエーション豊かな申込方法を用意しています。

以下に、申込方法別で融資までの流れを見ていきましょう。


[インターネットからの申込]

矢印

矢印

矢印

矢印


[自動契約機からの申込]

[電話からの申込]

1.電話をすると、氏名や生年月日など審査に必要な項目を口頭で聞かれる

2.審査を行ない、審査結果の可否と限度額が知らされる

3.来店契約の場合は、必要書類を持参して店舗や自動契約機を訪れ契約をすると、書類が作成され、カードが受け取れる。郵送契約の場合は、契約書類とカードが郵送されるので、必要書類と合わせて契約書類に必要事項を記入の上返送する。


[プロミス店舗からの申込]

1.プロミス店舗に必要事項を持参のうえ来店、審査に必要な項目をスタッフがうかがう

2.審査を行ない、審査結果の可否と限度額が知らされる

3.商品やサービスの説明が行われる

4.契約をしてその場でカードが発行される


[郵送からの申込]

1.申込書(自動契約機、プロミスATM、プロミス店舗に設置)に必要事項を記入の上、必要書類のコピーとともに郵送する

2.審査を行ない、審査結果が知らされる

3.契約書類とカードが郵送される


申込みに必要書類について

1.本人確認書類

プロミスに申し込む際には、本人確認書類が必要となります。

基本的には「運転免許証」なのですが、運転免許証を持っていない方は、「パスポート」「健康保険証+住民票」のいずれかでもOKです。

外国籍の方は、上記の書類に加えて、「在留カード」「特別永住者証明書」のいずれかでも大丈夫です。

本人確認書類に記載された住所と現住所が異なる場合は、以下の書類のうちいずれか1点を提出してください。

国税又は地方税領収書、もしくは納税証明書
住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
公共料金(電気、ガス、水道、NHK)の領収書
社会保険料の領収書

2.収入証明書類

  • プロミスで50万円以上借りる方
  • 他社を含めて100万円以上借りる方

上記の条件に該当する方は、収入証明書類を以下のうち1点提出しなければなりません。


  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

■プロミスのWEB完結申込みはメリットがいっぱい!

申し込みで「WEB完結」を選択すると、以下のようなメリットがあります。

1.カードレスで安心

「WEB完結」を選択すると、カードを発行しないことも選択できます。

借入はプロミスのインターネット会員サービスから行なえますので、心配いりません。

カードがないので、紛失や盗難のリスクが一切ありませんので、盗難や紛失による不正利用の可能性もないのです。


審査のメリットに注目

■3項目入力で「お借り入れ診断」

プロミスのホームページでは「お借り入れ診断」を実施しています。

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の借入金額

以上の3項目を入力して「診断する」をクリックすると、診断結果が出ます。


「ご融資可能と思われます」「大変申し訳ございませんが入力内容だけでは判断することができません」のいずれかの診断が下されます。

診断結果はあくまでも簡易的なものであり、お借り入れ診断で融資可能と判断されても、実際の申込で審査に落ちる可能性もありまが1つの目安として利用するにはとても便利な機能です。

どちらの診断結果が出ても、新規申し込み画面にジャンプしますので申込みフォームを探す手間がはぶけますよ。



プロミスの選べる借入方法の特徴

■プロミス店舗やATMから借入

最もポピュラーな借入方法が、ATMを使った借入です。

プロミスのATMと三井住友銀行ATMは、利用の際に手数料が一切発生しません。

それ以外の提携ATMは、以下のようになっています。

提携ATM
ゆうちょ銀行
セブン銀行
イーネット
ローソンATM
東京スター銀行
三菱東京UFJ銀行
横浜銀行
福岡銀行
イオン銀行
広島銀行
クレディセゾン

上記の提携ATMで借入をすると、1万円未満は108円、1万円以上は216円の手数料がかかります。

プロミスの店舗窓口でも平日に限り借り入れが可能です。


■電話から借入

24時間通話料無料で利用可能で、全国どこからでも借り入れができます。

振込先を登録していなくても、オペレーター対応で心配いりません。



■チャージによる借入

「三井住友VISAプリペイド」を持っていて登録済みの方は、プロミスのインターネット会員サービスから、振込キャッシングによるプリペイドカードへのチャージができます。


プロミスの返済

プロミスで借りたお金の返済は、大きく分けて「インターネット」「店舗・ATM」の2種類が用意されています。

■インターネットから返済

1.インターネットバンキングから返済

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

上記5行のインターネットバンキングを利用している方は、各金融機関でインターネットバンキング登録をしていればインターネットバンキングから返済可能です。

利用の流れは、以下のようになっています。

プロミス会員サービスにログイン

インターネット返済を選択

返済金額を指定

金融機関を選択し金融機関にログイン

金融機関よりインターネット返済実行


②口座振替

口座振替にしておけば、毎月の返済が自動化されるため、返済の手間もかからずにうっかり返済し忘れも防げます。

「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」ならば、返済期日を5日、15日、25日、末日から選択可能で引き落とし後の借入残高への反映もその日のうちに行われます。

2耕以外の金融機関を選択すると、毎月5日が返済日となり、反映されるまでに3営業日かかります。

いずれも、手数料は一切かかりません。


■店舗・ATMからの返済

[プロミス店舗での返済]

全国にあるプロミスの店舗では、平日に限って返済が可能です。

返済計画などを相談しながら返済ができるので、より確実です。


[ATMから返済]

プロミスのATMと三井住友銀行のATMから返済すれば、ATM利用手数料は一切かかりません。

それ以外の提携ATMからの返済の場合には、基本的に手数料が発生します。


[コンビニのマルチメディア端末から返済]

ファミポート(ファミリーマート)、ロッピー(ローソン、ミニストップ)などのマルチメディア端末を利用して返済をすると、手数料が0円で済みます。マルチメディア端末で返済の申し込みをして、申込権を持ってレジで支払いをするという流れです。


[銀行振込で返済]

近くの銀行からプロミスの口座へ振り込むことによっても、返済が可能です。







同じカテゴリーの最新の記事



プロミス