フリーローン・カードローンおすすめ比較【スルガ銀行リザーブドプランの金利と限度額を検証!他金融機関より得?損?】

スルガ銀行リザーブドプランの金利と限度額を検証!他金融機関より得?損?

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > カードローンの特徴

スルガ銀行は静岡県に本店を構える地方銀行です。

ここでは、このスルガ銀行のカードローンである「リザーブドプラン」について、

他の金融機関と「金利」と「限度額」の比較をしながら、

“損得”について検証していきます!

 

まずは金利!リザーブドプランと他の2プランを比較してみました!!

3つのプランを比較するイメージ

 

スルガ銀行リザーブドプランは数多くのカードローンの中でも、人気の高いサービスです。

ここからはスルガ銀行リザーブドプランをわかりやすく解説するために、

「リザーブドプラン(スルガ銀行)」

「バンクイック(三菱東京UFJ銀行)」

「フリーキャッシング(プロミス)」

3つを比べて見ていきましょう。

 

まずは、“金利”から比較していきます。

  金利
リザーブドプラン(スルガ銀行) 3.9%~14.9%
バンクイック(三菱東京UFJ銀行) 1.8%~14.6%
フリーキャッシング(プロミス) 4.5%~17.8%

(2016年12月14日現在)

 

スルガ銀行リザーブドプランの金利は、比較的低いと言えるでしょう。

特に、採用されることが多い上限金利は、他の銀行系カードローンとほぼ同じ数値です。

 

また、貸金業者であるプロミスは他の2つと比べて高めの金利となっていますが、

こちらは審査面が影響していると考えられます。

 

一般的には、上限金利の高さと“審査の通りやすさ”は比例するので、

スルガ銀行リザーブドプランはプロミスよりも審査が厳しいと予想されます。

 

圧倒的な最大限度額!?リザーブドプランを勧める理由はこれだ!

 

  限度額
リザーブドプラン(スルガ銀行) 800万円
バンクイック(三菱東京UFJ銀行) 500万円
フリーキャッシング(プロミス) 500万円

 

最大限度額については、リザーブドプラン(スルガ銀行)が他の2つを大きく引き離す結果となりました。

ただし、限度額については審査を経て決定されるものであり、

簡単に上限値だけで比較できるものではありません。

 

また、貸金業法で貸付を行なっている「プロミス」は、

総量規制(貸付は年収の1/3まで)を厳守しなければならないのに対して、

銀行系カードローンにはその規制がありません。

 

その点において、限度額がプロミスよりも有利になる可能性はあります。

ただし、現実的には銀行系カードローンでも限度額は年収の1/3以下にされることが多いようです。

 

こればかりは、個人の属性による審査結果を待たなければわかりませんので、

限度額はあくまで参考値として見ましょう。

 

リザーブドプランの申し込みは楽か?収入証明書が面倒な方必見!

「用意するのが面倒な収入証明書」のイメージ

 

“金利”と“限度額”に続けて、“収入証明書の有無”について見ていきましょう。

申し込みの際に求められることのある収入証明書ですが、

用意するのが面倒・どこにあるかわからない、という方もいるかもしれません。

 

原則としては以下の表の借り入れ限度額が収入証明書を要求されるラインとなっています。

  収入証明書が必要な金額
リザーブドプラン(スルガ銀行) 500万超から必要
バンクイック(三菱東京UFJ銀行) 50万円以上から必要
フリーキャッシング(プロミス) 50万円超から必要

 

スルガ銀行リザーブドプランでは500万円以内の借り入れでは、

原則として収入証明書が必要ありません。

他の2つと比べると、収入証明書を請求されるラインがとても高いのが特徴と言えます。

これは、スルガ銀行リザーブドプランが、

収入証明書によらない部分の項目を審査で重要視していると推測できます。

 

いよいよ総合評価!リザーブドプランは他金融機関よりも“損”か“得”か?

各視点から損得の総合評価が下されるイメージ

 

スルガ銀行リザーブドプランは「金利」「限度額」の面から見て、

三菱東京UFJ銀行やプロミスなどの有名金融機関と比べても、

全く見劣りしないものだと言えます!

 

それどころか、「限度額」に関しては他の2つよりも頭1つ抜けており、

“収入証明書”の提出に至っては「500万円超から」という申込者の利便性を考慮した高さとなっています。

さらに、

「全国のATMが利用可」

「返済は3000円から」

「団体信用生命保険有り(保険料銀行負担)」

「VISA機能付き(要審査)」

といった、当たり前のサービスからユニークなサービスまで取り揃えており、

スルガ銀行の企業努力が伺えます。

 

これらを総合的に見れば、スルガ銀行リザーブドプランは明らかに“得”になる方が多いと言えます。

大手都市銀行のようなネームバリューだけでなく、

「価値あるサービス」を提供しているかで見れば、

スルガ銀行リザーブドプランを選択肢に入れるべきでしょう!!






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス