フリーローン・カードローンおすすめ比較【カードローン審査で用いられるスコアリングとは?信用情報との関係は?】

カードローン審査で用いられるスコアリングとは?信用情報との関係は?

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > おすすめコラム

現在、多くの消費者金融会社では「即日融資」を宣伝文句として広告を打ち出しています。

なぜ即日審査が行えて、融資までたどり着くことができるのでしょうか?

 

この記事では消費者金融会社の審査の際に用いられている手段に注目して、

なぜ即日融資が可能なのかについてひも解いていきたいと思います!

 

即日審査を可能にしていたのは「スコアリング」というシステムだった!

スコアリングによって自動審査されているイメージ

 

消費者金融の審査には一般に、仮審査と本審査という2種類の審査があります。

スコアリングはそのうち仮審査で用いられているシステムのことです。

 

このシステムは簡単に言えば、

「金融機関に保管されている莫大な数の利用者に関するデータと、

申込者のデータを照らし合わせて、返済能力を評価するシステム」

です。

 

利用者に関するデータというのは、

「その方の年齢や年収、職種や勤続年数、雇用形態、過去に確実に返済した方、返済が遅れた方などさまざまな情報」

のことで、これをいわゆる属性と言います。

 

スコアリングシステムでは同じような属性を持っている方をクラス分けしています。

この評価値が高ければ高いほど、

安定した収入があり返済を確実に行えるクラスだということを表しています。

 

そしてカードローンの申し込みの際に、

その人の属性がどのクラスに入るのかをコンピューターで一瞬にして算出させて、

そのクラスの評価値が高ければ審査に通りやすく、

低ければ審査に落ちるか利用額が制限されることになります。

 

以下の表1、表2はスコアリングの評価の一部をイメージ化したものです。

表1

職業 公務員・大企業 中小企業 自営業 パート 無職
評価値 5 4 2 1 0

表2

家族構成 親と同居 夫婦と子供 夫婦のみ 独身 離婚
評価値 5 5 4 2または3 0

仮審査を通過すると次は本審査を受けることになります。

仮審査では属性が注目されましたが、本審査では信用情報が注目されます。

 

信用情報とは属性やお金の借り入れ状況、

カードローンをどれだけ利用したかなどの個人情報のことです。

 

ここで問題ないとされれば、

あとは書類などで本人確認をし、

本審査を通過して無事に審査通過となります。

 

スコアリングで特に重要視される属性とは?

 

スコアリングにはたくさんの個人情報が関与していることが分かりました。

それでは、

中でもスコアリングの評価値を上げるために特に重要な項目は何なのでしょうか?

 

一つ目は勤務先です。

一般に高評価を受けるのは公務員で、

逆に低評価を受けるのは自営業や派遣社員だと言われています。

 

理由としては、

公務員は月々の収入が一定しており返済の計画が立てやすい反面、

自営業などは収入が安定しないことが多いため、確実に返済してもらえるかどうかが未知数だからです。

 

二つ目は家族構成です。

一般的には評価が高い順に既婚、未婚、独身であることと並びます。

また親と同居している場合も高評価につながります。

 

理由としては結婚や親との同居が返済のモチベーションになる、

わかりやすく言えば「迷惑をかけられない」という心理が働くからです。

さらにいざという時には配偶者や親からの手助けが望めることも理由の一つでしょう。

 

嘘の申告をしてしまった・・・どうなるの?

申告でミスをしてしまって落ち込むイメージ

 

「審査に通りたいなら、

スコアリングの評価値を上げるために嘘の情報を申告すればいいのでは?」

と思った方はいませんか?

結論から言うと絶対に止めた方がいいです。

 

すぐに本人確認書類や信用情報でバレてしまいます。

 

また、嘘の申告をしようと思ったわけではなく、たまたま申込書に書き間違ってしまった

という場合もあると思います。

 

ここがみんながあまり意識していないポイントで、

新規申し込みであれば、金融機関にとって「嘘とミスの違い」は判別できないのです。

スコアリングでは「ミス=嘘」になることをしっかり意識しましょう!

そのことによって審査落ち、ということも十分に考えられるので、

申し込みの際は申告内容を嫌というほど確認して、ミスを防ぎましょう。

 

属性とは変えられないもの?自分ではどうすることもできない?

「属性は変えられるもの」と知って満足な様子

 

今回は即日融資を可能にする「スコアリング」というシステムを紹介しました。

カードローンの審査が通るかどうかを担っている第一関門はこのシステムなので、

今後カードローンを組む予定のある方は、

スコアリングの評価値を上げる方法を意識してみてください。

 

もちろん「カードローン審査のために公務員になる!」と決意して簡単になれるものではありませんが、

例えば「自宅に固定電話がある」という項目がスコアリングの要素であることは十分考えられます。

これならばすぐに実行できることですよね?

 

つまり、「スコアリングで評価される属性には、すぐに変えられる項目もある!」

という意識が大切です!






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス