フリーローン・カードローンおすすめ比較【アイフルの審査は本当に早いの?無利息期間・金利など申込み前に徹底チェック!】

アイフルの審査は本当に早いの?無利息期間・金利など申込み前に徹底チェック!

 フリーローン・カードローンおすすめ比較 > カードローンの特徴

アイフルの注目すべき3つの特徴


配達時間えらべーる

アイフルの特徴といえるサービスが、「配達時間えらべーる」というものです。

これは、カードの受け取りを時間指定できるんです。

さらに、本人限定配送として送られるので、仕事などで留守がちな方、家族には知られたくない方も安心して受け取ることができます。

配達は佐川急便が行い、15時までの手続きの場合翌日以降のお届け、15時以降の場合は翌々日以降のお届けというスピードです。

(離島や山間部など一部地域はこのサービスを利用できない場合があります。

)配達時間帯は、下記のように細かく分かれていますので忙しい方も家で待つ時間を最小限に抑えられることでしょう。

午前中 12-14時
14-16時 16-18時
18-20時 20-21時

ちなみに、カードの受け取り方法は、配達時間えらべーるによる配送だけではなく、アイフルの店舗や契約ルームでの受け取りも選択できます。


一秒診断

借入れをしたことがなくて審査に通るか不安という方にぜひ知って欲しいことは、アイフルではウェブサイト上で一秒診断という簡単なチェックができるということです。

情報を入力するのはたった4項目のみです。

年齢、雇用形態、年収、他社からの借入金額を入れて診断開始をクリックすると、「ご融資可能と思われます。」または「大変申し訳ありません。当社規定によりお借り入れができません。」という診断結果が表示されます。

この結果はあくまでも診断結果なので、実際に申込んで審査を受けないことには借入れできるかどうかはわかりませんが、一つの目安となることは間違いないでしょう。

借入れに興味はあるけれど、申し込むのはちょっとハードルが高いなと思っている方は、この一秒診断を使ってみてはいかがでしょうか?


アイフルを利用する4つのメリット

来店不要で申込みできる

インターネットの普及により、生活に関わる様々なことがネットを介してできる便利な世の中になっています。

お金を借りるのもネットでできるようになりました。

かつては、人目を忍んでブース型の契約機に入った方もいらっしゃると思いますが、現在では家にいながらにして融資を受けられます。

アイフルも、申込みに始まり、契約、借入れまでインターネットだけでできます。

来店不要なので、天候や時間などを気にせず必要な時にすぐに利用できる手軽さがなんといってもありがたいですね。

本人確認書類もコピーを作成する必要もありません。

携帯電話で撮影した画像をアップするだけでよいのです。

とても簡単に手続きができるので、お金が必要になったときの手段として考えてみてくださいね。



返済日は約定日制とサイクル制

アイフルの返済期日には特徴があります。

約定日制とサイクル制という2つの種類から選べるのです。

聞きなれない単語だと思いますので、少し説明しますね。

まず、約定日制というのは、任意の返済日を指定して毎月返済します。

返済期日までの10日間が返済期間となります。

毎月決まった時期に返済するのでご自分の計画が立てやすいというのが良い点ですね。

次に、サイクル制ですが、返済日の翌日から35日後が次回の返済日となる方式です。

(初回借入れ時は、借入れの翌日から35日後)約定日制と異なり、返済期日の前であればいつでも返済可能となっています。

こちらは、35日サイクルで「毎月○日が返済日」というスケジュール化ができない点が弱みとなり得ます。

しかし、アイフルでは支払期日の3日前などにメールで知らせてくれるaiメール送信サービスもありますので、活用してみるのもよいでしょう。

登録費や会費はかかりません。

繰り上げ返済や一括返済にも対応していますので、早めの完済を目指している方は無理のない範囲で返済していきましょう。

約定日制もサイクル制も、ライフスタイルに合った方法を選ぶことができますので参考にしてください。


アイフル のデメリットもチェック!


金利の高さ

アイフルなどの消費者金融とよく比較されるのが銀行カードローンです。

金利の面でいうと、相対的に銀行カードローンの方が金利が低いです。

大体、上限金利は15%に届かないくらいの数字にしているところが多いように思います。

アイフルの金利を見てみると、4.5%~18%ですので、やはり金利は高めということになりますね。

そうはいっても、大手消費者金融の中では平均的な数字ですので特に心配はいらないと思います。

デメリットだけではなく、アイフルなりの良さもありますので、ご自分の求めるスタイルに合っていれば十分利用する価値はあると思います。


アイフル の申込みに必要なものは?

本人確認書類

融資の申込みには、本人確認書類が必要となることが多いです。

アイフルも例外ではありません。

運転免許証やパスポートなどはその代表格ですが、受付可能な書類とそうでないものの区別はカードローン会社で少しずつ異なる場合があります。

アイフルの場合をここで紹介しましょう。

下記が本人確認書類として使えます。

運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
住民基本台帳カード
公的証明書類(氏名、住所、生年月日、顔写真のあるもの)
個人番号カード(個人番号のある裏面は不要)

外国籍の方は、在留カード、特別永住者証明書も使えます。

本人確認書類に記載の住所が現住所と異なる場合には、別の書類がさらに必要となります。

氏名、現住所の両方が記載されている、公共料金(NTT、電気、都市ガス、水道、NHK)の領収書、住民票の写し、印鑑証明書のいずれかの書類を用意することになります。

本人確認書類の提出は、スマホで撮影した画像をアップするだけでよいので、手間もかからずにできますね。

また、コピーの作成やFAX送信では個人情報が漏れてしまう可能性があることを考えると、安心、かんたん、あっという間という3拍子がそろっています。


収入証明書類

本人確認書類の他に必要なものとして、収入証明書類が挙げられますが、これは、利用限度額が50万円以下、かつ、他社を含めた借入総額が100万円以下の場合は収入証明書は原則不要となっています。

ということは、借入限度額が50万円を超える、または他社を含めた借入総額が100万円を超える場合に収入証明書類の提出を求められるということですね。

収入証明書類として認められているのは、次のものです。

書類の準備は面倒と思うかもしれませんが、急いでいるときこそ漏れのないように確実に用意しましょう。







同じカテゴリーの最新の記事



プロミス